読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府民になりたい県民の徒然だいあろぐ

歴史のこと、奈良のこと、そしてよくお酒と野球のことをぽつぽつとつぶやきます。脈絡もなく、思ったことを書いていきます

石舞台古墳すぐ 飛鳥、古代の味が楽しめるグルメ

観光地に来たら、ただ見るだけではなく


美味しいものも食べたい


というか


美味しいものを食べに観光地に来た


なんてことで観光地に出かけるなんてこともあるんじゃないでしょうか。


今回は古代史の史跡が数多く残る飛鳥のなかでも、誰もが知る古墳のひとつ、石舞台古墳
f:id:lefty14kim:20151125205611j:image

こちらへ巡った際に、合わせてお楽しみいただけるスポットを紹介したいと思います。


場所は、石舞台古墳から西へ100mほど。古墳のある公園の敷地内にある


農村レストラン 夢市茶屋
f:id:lefty14kim:20151125211007j:image

というお店。
古墳のある公園とお店は連絡橋のようなものでつながっています

f:id:lefty14kim:20151125205352j:image

ちなみに、オープンテラスの席もあり、古墳をながめながらお食事を楽しむこともできます。


連休の初日のランチタイムと重なったこともあり、待つこと5分ほど…。


ちょっと、いやかなりボケの進んだ老人が割り込んだりする出来事もありながらなんとか席を確保。

このお店、なかなか口にすることができないとっても珍しい食材を食べることができるんです

その食材とは…

f:id:lefty14kim:20151125212122j:image

通常のお米と比べ、栄養素を豊富に含んでいるのだそうです。


古代史の中心地、飛鳥で古代米


なんだかオシャレじゃありませんか?

メニューには古代米カレー、地元の食材を使った古代米御膳など、手の凝ったものが揃っています


今回は、地元の食材をふんだんに使って

というのに惹かれ

飛鳥米御膳 を注文。

しばらくして、やってきたのがこちら!

f:id:lefty14kim:20151125205427j:image

まさに一汁三菜。

とてもバランスよくならんでおります。


観光地によくあるレストランの添加物が入ったような味はなく、地元の食材をふんだんに活かした自然な味わい。


ゆったりとした時間が流れる中、田舎の食堂に来たような素朴な味わいを楽しむことができます

特にオススメはごま豆腐のような呉豆腐
f:id:lefty14kim:20151125205549j:image

コクと甘みがごま豆腐よりも一層強く、風味豊かな味わいです。


f:id:lefty14kim:20151125225623j:image

竜田揚げも、鶏肉の旨みがギュッと引き締まっており、じゅるーっと出てくる肉汁が本当に素晴らしい味わいでした。


石舞台古墳のそばで、古代の人々も口にしたかもしれない古代米を味わいながら、飛鳥での時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?



お店の詳しい情報はこちら