読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府民になりたい県民の徒然だいあろぐ

歴史のこと、奈良のこと、そしてよくお酒と野球のことをぽつぽつとつぶやきます。脈絡もなく、思ったことを書いていきます

今のプロ野球に足りないのは中田翔のような選手である

最近めったに見なくなりましたよね。


二日酔いで出場するプロ野球選手と、ひどい野次。そして乱闘。


コワモテ感を出す金髪に、時代遅れ感満載のネックレス


はっきり言って、ダサい。笑


まるで運動神経の優れたヤクザが野球をやっているかのような感じ


なんだかさんざんこき下ろしてしまいましたが、野球選手はこうであってこそ野球選手。



不思議なもので、こんな風に思うわけです。


全盛期の中村紀洋
f:id:lefty14kim:20151207185505j:image


こんな選手達が全盛期だった頃の野球選手が憧れだった私からすると



最近の選手は真面目すぎる。大人しすぎる



どっちがいいかといえば、もちろん今の野球選手の方がある意味アスリートとしてはあるべき姿であるのは間違いないのですが


そう思うわけです。


ストイックすぎるというか、夢がない。



そんななかで、あの中田翔選手の契約更改
f:id:lefty14kim:20151207185757j:image



馬でも買おうか


いいじゃないですか。


こういうプロ野球選手が一人くらいいないと、つまらないわけです



欲しいものはもう買った。


手に入れたいものは全て手に入れられるだけのお金を稼げるんだ。


そんなことを堂々と言ってこそ、野球選手なワケです


成績を残すのに、誘惑は捨てよ。


野球のひたすら邁進する大谷とは対照的な豪快さ。


最近のプロ野球で忘れられつつある昭和の匂い。


優等生的なコメントが目立ってきたなかで、彼のこの発言。


メジャー志向や、当たり障りのない契約更改が増えていく中


ハッキリとモノを言い、豪快なコメントを残す


プロ野球選手とはかくあるべし。


一匹狼だの、わがままだの批判をされようともこの道を突き進んで欲しい


今のプロ野球に欠けている何か


そんなものを教えてくれたような気がします