読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府民になりたい県民の徒然だいあろぐ

歴史のこと、奈良のこと、そしてよくお酒と野球のことをぽつぽつとつぶやきます。脈絡もなく、思ったことを書いていきます

旅先でジョギングをオススメする4つの理由

こんばんは、ならまっぷ管理人きむらです。

 
 
奈良でも初霜が降り、いよいよ冬本番でございます。
 
 
さて、先日ちょっくら福岡へと旅行に行ってきました。
 

f:id:lefty14kim:20151204170340j:plain

 
 
今回のお目当てはとにかく美味しいものを食べること。
 
 
もつ鍋に屋台に…と美味しいものが目白押し。
 
 
もちろん、色々食べてきたんですが
食べてるとだんだんお腹いっぱいになって、一口目に味わう感動ってのは薄れてくんですよね。
 
 
たくさん食べたいし、美味しいっていう感動をずっと味わっていたい!
 
 
せっかく美味しいもの食べるわけですから、こう思うのはなんら欲張りではないと思います。
 
 
と、前置きが長くなりましたが、美味しいという感動をずっと味わったりするのにどうすればいいのか…?
 
 
旅行好き、旅好きのみなさまに、走ることをオススメしたいと思います。
それの、できれば朝の街を。
 
 

1.目覚めがよくなって、気持ちがシャキッとする

 
走ることをオススメするひとつ目の理由はこれです。
旅先に行くと結構気持ちがほわ〜っとしたりするもの。
 
ですが、朝走ると気持ちがシャキッとして、観光地を爽快な気分で巡ることができます。
 
 

2.ムダな酒を飲みすぎない

 
旅なんだから、たくさん飲みたい。
そんな方も中にはいるかもしれませんが…
 
 
走ろうと思っていると翌日のことを考えるので、あまり深酒しなくなります。
心が満足したところでお酒を飲むのをやめるので、二日酔いになることも少なくなるでしょう。
 
 

3.食べ物が美味しく感じられる

 
やはりこれです。
 
 
走った後に食べるものは、空腹ですから一層美味しく感じられます。
 
 
苦しいことをやった後にやってくる幸福のひとときですから、ただ食べ続けている旅行よりも美味しく感じられます。
 
 
 
 

4.街の姿が手に取るようにわかる

 
知らない街でジョギングをする時、往々にして地理がわからないものです。
 
 
ですので、だいたい立ち止まって地図を見ながら走っているのですが、この過程が旅先でのジョギングの魅力。
 
 
地元の人がどんな場所で生活をし、どんなお店に行っているのか…
 
 
走りながら観察することで、さも地元の人になったかのような気分に浸ることができます。
 
 
偶然見つけた美味しそうなパン屋さんに寄り道して朝ごはん。
 
 
なんてのも、楽しい過ごし方です。
 
 
せっかく来たんだから、見るだけじゃなくて感じてこそ観光
 
いかがでしたでしょうか。
 
 
運動が苦手、できればやりたくないという方もちょっとは走りたくなったでしょうか。
 
 
走るのが苦手であれば、歩いて巡るのもいいと思います。
 
 
とにかく、体を動かして街を巡ることが大事なんじゃないかと思います。
 
 
せっかく遠くに来たんだから、ただ名所を巡るだけではなく
 
 
地元の人が立ち寄るような場所をふらっと巡れば、観光がもっと楽しくなるはず
 
 
出発時間ぎりぎりまで寝るのもいいですが、スポーティーな服装に着替えて、旅先を走ってみませんか?