読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府民になりたい県民の徒然だいあろぐ

歴史のこと、奈良のこと、そしてよくお酒と野球のことをぽつぽつとつぶやきます。脈絡もなく、思ったことを書いていきます

地元民がこっそり教える、あのレインボーラムネを応募以外で入手する方法

www.ramune.net

 

いよいよ今年もあの入手困難といわれる幻のラムネ「レインボーラムネ」の応募がはじまるそうです。

 

2016年の受付期間は3月28日〜4月1日までの5日間の到着分

 

 

なんやかんやいうてる間に、応募期間がやってきますね。

 

m.youtube.com

 

日本テレビ系のテレビ番組「スッキリ」でも紹介されていたようで、放送直後にはリアルタイム検索でも上位にランクインするほど高い関心を集めていました。

 

 

なんでも人気が沸騰し、40倍もの倍率になるというこのラムネ。

3600件の当選者に対し、14万件もの応募があったそうです。

 

 

地元に住んでいて、工場にも足を運んだことがある身としてはこうして陽の目を浴びることへの嬉しさと、手に入り辛くなった悲しさが入り混じって複雑な気持ちでもあります。(ちなみに私が中学生の頃は、工場に行けばラムネを分けてくれていました…) 

 

さて、40倍というまるで資格試験のような激戦となるレインボーラムネの応募。

 

応募以外で手に入る方法はないの??

 

となんとかして手に入れたい!

という方のために、地元民がこっそりあのレインボーラムネを応募しなくても手に入れる方法を紹介したいと思います。

 

応募せず手に入る場所

基本的に応募で手に入れることとなるレインボーラムネ。

ですが、奈良県内には何カ所か応募しなくても手に入れることができる場所があります。

 

私がこれまで実際に目にした範囲でご紹介していきたいと思います。

 

 ならの実

narano-mi.com

 

猿沢池の南側。ならまちの一角にある雑貨屋「ならの実」さん。

選りすぐりの商品が集うこちらのお店に、レインボーラムネが並んでいます。

 

ちなみに、一度に買うことができる数に限りがありますが、割と高確率で手に入れることができます。

 

ならまち資料館 

 

以前にもレインボーラムネを手に入れることが出来る場所としてこのブログのなかでも触れたのですが、ならまち資料館でもレインボーラムネを手に入れることができます。

 

20dainonihonshu.hatenablog.com

 

f:id:lefty14kim:20160323212412j:plain

 

ならまちの名産、蚊帳とセットになっており、だいたいラムネが10粒ほど入っています。ラムネだけで買うことはできませんが、蚊帳は連綿と受け継がれて来た技術で作られたもの。

 

ご自宅のふきんとして、友人へのお土産としても非常に活躍してくれるはずです。

 

宝山寺

レインボーラムネが手に入る場所。3つ目は生駒の聖天さんとして名高い宝山寺です。

 

ありとあらゆる願いを叶えてくれる神様がいるということで奈良県のみならず、関西一円から参拝者が訪れるこちら。

 

境内に入ってすぐのところにあるお茶処で。

一見どこのお寺にもある休憩場所のようにも見えますが…

f:id:lefty14kim:20160323212800j:plain

 

実はこちらに、こっそりとレインボーラムネが販売されています。

 

f:id:lefty14kim:20160323212740j:image 

なお、こちらはだいたい20粒ほど入って150円で販売されています。

入荷については不定期で、売り切れ次第終了とのこと。

 

ならまち資料館と比べると確実に手に入るかというところでは少しリスクがありますが、一度訪れる価値はあると思います。

(お寺自体も、非常に神秘的なところですよ)

 

ぜひ、奈良へ訪れて買ってください

以上、地元民がこっそりとレインボーラムネを応募しなくても手に入れることができる方法を紹介しました。

 

40倍という高い倍率をくぐり抜け、手に入れるのも素晴らしいと思いますが地元民としては

 

ぜひ奈良へ来て、訪れて買ってほしい

 

そんなふうに願っています。

春日大社東大寺の大仏、ゆったりとした空気…

 

もし、レインボーラムネをなんとしても手に入れたい。

そう思った時には、ラムネを買うだけでなく観光も楽しんでみてくださいね。

 

最後に、奈良関連のブログを置いておきます

 

20dainonihonshu.hatenablog.com